日々思うこと。

あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの人と出会い、仕事をし、学ばせて頂きました。
本当に感謝の年でした。

しかし、それ以上にとっても厳しい1年でした。
出会いもあれば、別れもあります。
全てが順風満帆に行く事などありません。

その全ての出来事が確かな糧となり、沢山経験できました。
私自身、もっとも成長できた1年でした。

自分の成長をしっかり理解出来る環境。
その環境にいる事にとても感謝です。

今年の目標は「1日1日を大切にしていく事」です。
大切な1日をおくれたかどうか。
しっかり軌道修正しながら前へ突き進みます。


2011-10-13 20:47

巨星堕つ。

ジョブズがなくなった。 ニュースを見ながら滝の様に流れでる涙が止まりませんでした。
Macと出会って19年。こんなにも永く、そして独占的に愛したメーカーはない。
というのも、デザイナーにとってMacは革命的だった。
それまで版下作りのデザインの工程を根本的にひっくり返した。
しかも、誰もがデザインというレベルを引き上げさせながら工程を変えていけた。

Macはまさしくデザインをするのに特化していた。
フォントの美しさ、文字詰めの美しさ。
手作業のアナログから、Macに変わっても、追求できる世界はさらに広がっていた。
大学中退時にカリグラフィーに興味をもったジョブズだからこそ、生まれた製品なのだ。
Windowsだけの世の中だったら、デザインのレベルもどうなっていたことか。


ジョブズがアップルにも戻ってきた時は今でも覚えている。
会社の人と一緒に喜んだ。
もうすでにWindowsには差を広げられていたが、
そんなものはどうでもよかった。
中身も外見もデザインにこだわったMacだけについて行くと決めていた。
その後、 カラフルiMacが登場し、社員全員にパソコンを行き渡した。
それまで一人にパソコン一台の会社ではなかったので、業務がガラリと変わった。


その後、iPod、iPhone、Mac、AppleTv…機能やボタンを付けたしていく日本企業の感覚とはまったく逆の、機能やボタンを削ぎ落とした美しい製品を次々と世の中に出してくれた。


ネットにつなげるのも、 テレビ電話するのも、音楽や映画を買うのも、ちょっと昔なら信じられないような世界を当たり前にしてくれた。


いずれ、アインシュタインやダヴィンチらと並び称されるような伝説の人と同じ時代を過ごせた事が本当に幸せです。


2011-08-20 11:12

緊急帰郷。

長崎の雨突然の訃報。おばあちゃんが亡くなりました。93歳でした。たまたま、土日の用事が雨で流れ、自宅で娘の一輪車の練習を終えた後でした。
連絡を受けて、電話を切った瞬間になんの躊躇もなく荷物を詰めて空港へ。
日曜からがっつり仕事が入っていたため、通夜にも葬式にも出席出来ない事は確実でした。
だから、会いにいけるのは今しかなかった。ぎりぎり最終の飛行機にも間に合いました。

ひょっとしたら、寂しがりやのばちゃんがこの日だったら会いにこれるだろうと、降らせた雨だったのかも知れません。
そのまま、長崎に滞在12時間という強行でお別れをしてきました。

小さい頃はおばあちゃんと暮らしていたので、お風呂もベッドもいつもばあちゃんと一緒でした。
帰りの車中は前も見えない程の豪雨。
ばあちゃんが帰したくないと思った雨なのかもしれません。

帰りのバスでは、先日、東京からお盆休みの為に見送った友達が偶然乗っていました。
帰りの乗る飛行機も一緒。もはや奇跡です。さいごのばあちゃんからのプレゼントなのでしょう。


こんな緊急の時に、自分やスタッフがしっかりお別れが出来る環境作りを。本当に急ぎたい。そう思いました。


五反田の万福湯さて、今日は久々の銭湯=戦闘(泊まり込み)。五反田住んでいる時は一度も行ったことなかったのになー。会社立ち上げた時、3週間家に帰れなくて毎日のように通う事になりました。唯一、仕事の事を忘れられる場所なのです。


ダーツバー友人が仙台から五反田のホテルに泊まりにきた。いつものように長崎に帰郷する前に東京に立ち寄ったのだ。

「今日は散々飲んできたから、明日の朝から会おうぜ!」のメール。
しかし、「なんかバドガールのダーツバーがあるよ!」と私が誘うと・・・いっぱいだけ飲む事に。
私も仕事の合間にダーツ投げて気分転換したかったのでよかった。

2ゲームほどやった後は、なぜか仕事の話。
丁度、通販やら契約の事で頭悩ませていたのだが。友人が化粧品の営業マンだったのをすっかり忘れてました。

色々相談したら、的確な答えをどんどん返してくれる。なんだかんだと1時間ミーティング。
おお〜。自分が半年かかってもでないような答えが1時間で出てしまった。

本当に人と出会うタイミングは不思議だ。
出会うべくして出会う。なぜか引き寄せ合う。
そして、互いにとても大事な知識や情報を手に入れて持ち帰る。

なんか不思議な夜でした。