■フラグメントのワークフロー~コーディング

各ページのデザインが出来上がると、次にコーディング作業に進みます。
サイトのページ数や内容にもよりますが
コーディング作業には工数がかかりますので
スケジュールを組む時にはその時間を考慮する必要があります。

コーディングが終わったファイルはテスト用のサーバにアップし
PCやスマートフォンで表示チェックを行います。
社内チェック後、お客さまにもチェックしていただき、
必要な修正、調整作業を行います。
ブログなどを構築した場合は投稿テストも行います。

■フラグメントのワークフロー~公開・アフターフォロー

テストサーバで修正、調整作業が完了したら本番環境で公開します。

ドメインやサーバーの管理、サイトの更新作業などについては
お客さまのご要望をお伺いし、ご提案いたします。


■フラグメントのワークフロー~サイト設計(ワイヤーフレーム作成)

Webサイト制作に関する準備が終わりましたら、まずはワイヤーフレームを作成していきます。
よくWebサイトの制作は建築と似ていると言われますが
このワイヤーフレームは建築で言うところの「設計図」になります。

Webサイトを作る時にいきなりトップページのデザインや演出を決めたがるお客様は少なくはないのですが、
これは建物を建てる時に、玄関のサイズも部屋の間取りも決まっていないのに
ドアのデザインやインテリアから決めていくのと同じことです。
設計図が正確でない建築物がどうなってしまうかはご想像の通りです。
私共フラグメントでは設計図=ワイヤーフレームの作成を大事にしています。

必要な部屋数、広さ、各部屋の間取り、どの部屋を家のメインに持ってくるか、動線、増築の可能性はあるか。。
そのようなことを考えながらWebサイトのワイヤーフレームを作り上げていきます。

■フラグメントのワークフロー~デザイン制作

ワイヤーフレームが出来上がったら、いよいよデザインに入ります。
まずはWebサイトの顔であるトップページをデザインしていきます。

お客様がイメージするデザインや雰囲気、色、会社のロゴ等必要な要素などをお伺いし、
経験豊富な弊社のデザイナーが数案のデザインをご提案します。

ご提案したデザイン案を元にブラッシュアップを重ね
理想的なデザインをお客様と一緒に作り上げていきます。
トップページのデザインが決まりましたら、下層ページのデザインを進めていきます。
(案件によってはトップページと下層ページを同時に進める場合があります)


■フラグメントではウェブサイト(ホームページ)に関わること全てに責任を持ってサポートいたします。

Webサイトを作りたいけれど、何をどうすればよいのか全くわからない。。という方はいらっしゃいませんか?
私共フラグメントでは、Webサイト制作から公開後のアフターサポートはもちろん、
ドメインやレンタルサーバーなどの契約代行なども行っています。
Webサイトに関するあらゆるご相談にお応えしておりますので、安心してお任せいただけます。

■フラグメントのワークフロー~制作に入る前に

フラグメントにお問い合わせいただきますと、まずヒアリングのためのお打ち合わせをさせていただきます。
最初のお打ち合わせで下記のようなことをお伺いいたします。
・ ウェブサイトを作る目的は?
・ どのような内容のウェブサイトを作りたいですか?
・ どのような方にウェブサイトを見ていただきたいですか?(年齢、性別、職業など)
・ 公開したい日は決まっていますか?
・ 公開した後、どのような内容の更新をする予定ですか?誰が?その頻度は?
など

お伺いした内容により、Webサイトのだいたいの規模や方向性が見えてきます。
・ ウェブサイトの構成、ページ数
・ PC専用のサイトにするか、スマートフォンにも対応するか
・ どのくらいの性能のレンタルサーバをご用意するか(自社サーバ等をお持ちでない場合)
など

だいたいの規模や方向性が見えた段階で、概算のお見積を作成いたします。(お見積作成は無料です)
ご予算は決まっている場合は、ご予算から逆算してWebサイトの内容をご提案することも可能です。
内容にご納得いただきましたら正式発注となります。

正式発注となりましたら、必要に応じて
ドメイン(WebサイトのURL)やレンタルサーバの選択、契約等を行います。
契約はフラグメントで代行することも可能です。